堀口妙子の顔画像、Facebookは?自宅で23匹もの猫を飼った結末

周囲に迷惑が掛かるような事件が起こってしまいました。

自宅で飼っている猫の排泄物による異臭が周辺の住民に迷惑を掛けていたようです。

早速全容を見てみましょう!

スポンサーリンク


事件の概要

2017年12月、神奈川県川崎市のマンションの一室で大量の猫を飼い、不衛生な環境下でケージに閉じ込めて虐待していた疑いで62歳の女が逮捕されました。

動物愛護法違反の疑いで逮捕されたのは住所不定、自称デザイナーの堀口妙子容疑者。警察によると堀口容疑者は去年12月、川崎市のマンションの一室で猫23匹をふんや尿の世話をしないまま不衛生な環境でケージに閉じ込め、虐待した疑いがもたれている。

去年12月に警察や猫の保護団体などが部屋に踏み込んだ際、1匹はすでに死んでいたという。

日テレNews 24より引用

付近の住民が通報したのでしょうか。

おそらく強烈なにおいが漏れていたものと思われます。

堀口容疑者は調べに対し「捨て猫を拾っていた。えさは与えていたから虐待していない」と容疑を否認しているという。

堀口容疑者は先月、この部屋から保護された猫を取り戻そうと動物愛護センターに侵入したとして現行犯逮捕されていた。

日テレNews 24より引用

本人曰く、猫を虐待していないとのことですが、第3者から見ると虐待していたと判断されたということでしょうね。

堀口妙子容疑者の顔画像やSNSアカウントは?

顔画像

堀口妙子容疑者の顔画像は公開されているのでしょうか。

顔画像はニュース映像より下記だと思われます。

 


日テレNews 24より引用

SNSアカウント

その他SNSアカウントを調べてみたところ、本人らしきアカウントの特定には至りませんでした。

気になる方は以下から参照ください。

=> Facebookアカウント検索結果はこちら

スポンサーリンク


犯行現場は?

こちらが容疑者が住んでいたマンションです。


日テレNews 24より引用

ネットの反応は?

猫は悪くない

Yahooニュースより引用

この人なりに猫を愛していたのかもしれないですが、飼育環境が劣悪過ぎで猫が可哀想。
まともな愛情をかけてくれる人が見つかりますように。

Yahooニュースより引用

本当は猫が好きで、可哀想な捨て猫も拾ってしまい、どんどん増えて手におえなくなってしまったと思う。
うちも猫10匹飼っています。トイレも5つ置いて、システムトイレなので安いシートを1日に何回も替えて、なるべく匂わないように努力しています。餌代も月に何万もかかるし、お刺身が好きな猫もいて夕食には人間と同じように椅子に座って家族の団らんを味わっています。大変です。
なるべく猫にストレスを与えないようにキャットタワー置いたり、遊んであげたりしていますが、色んな意味で気持ちに余裕がないと多頭飼いは無理です。猫も可哀想な思いをします。
でも、そんなに多く猫を飼ってしまったのは猫が大好きで、そんな気持ちから始まって、悪い人ではないと思う。面倒みれなきゃ飼わなければいいのにって思う人が多いと思うけど、面倒見るつもりが想定外の大変さだったのかもって思う。

Yahooニュースより引用

動物に気軽にエサをやる人が多いが、エサをやるならその結果としての下の世話もお願いしたい。エサだけやって、いいことした気分になるのは止めて欲しい。

Yahooニュースより引用

擁護する意見と、非難する意見それぞれありましたがどちらかというと擁護する意見が多めでしたね。

最後に

今回の事件、猫好きなのはよくわかりますが、常識的に考えて23匹を飼うのはやはり事実上不可能じゃないでしょうか。

一方で、ペットが自分では飼えないからといって途中で捨ててしまう人がいるのも事実。

そのペットが野生化したり、本来日本に生息していないはずの生物が繁殖して生態系が狂ったりする話も時々聞きます。

ペットを飼う場合は、最期まで責任をもって飼うことを約束していただきたいです。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする