うわさの千葉時代(チバニアン)とは?

この度、千葉時代(チバニアン)の追加が決定的になったようです!

先日のYahoo!ニュースでも「日本の快挙!」「これは凄いことだ!」と話題にもなっています。

でもそもそも「千葉時代」「チバニアン」とは何なのでしょうか?

ということで、今回はチバニアンの意味や何が凄いのか、そしてチバニアンの場所も紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク


えっ、チバニアンは地層?!


出典;産経新聞ニュース

地球の歴史で約77万~12万6千年前の年代が「チバニアン」(千葉時代)と命名される見通しになったことが13日、関係者への取材で分かった。

この年代の基準地として千葉県の地層を国際学会に申請し、命名を目指す日本の研究チームが、競合するイタリアを一次審査で破った。

週内にも発表する。正式決定すれば地質年代に初めて日本の名前が付く快挙となる。

千葉時代と名づけられるのは地層に対してだったんですねー

でも地層に対して名づけられるとはどういうことなんでしょう?

地球のN極とS極が入れ替わった痕跡を残す千葉県市原市の地層について、国際組織「国際地質科学連合」が約77万~12万6000年前の時代を代表する基準地に内定したことが13日、分かった。

これは驚きですねー

地球のN極S極が入れ替わった時期があったんですね。

しかも77万年前~12万6000年前と約65万年もの間入れ替わってたということですよ。

その当時の地層が残っていたことが幸いしたということですね!

ここで新たな疑問が。

今までこの65万年間はどう呼ばれていたのでしょう?

実は無名の時代だったのです!

今回、ようやく埋まることになるんですね。

以下のようになるみたいです。


出典;産経新聞ニュース

チバニアンの場所は?


出典;http://media-milk.com/

チバニアンと呼ばれるくらいなので千葉県のどこかだというのはわかりますよね。

では、どの場所なのでしょう?

既に地図上にも「チバニアン地球磁場逆転地層」と出ていますね。

今の千葉県市原市田淵付近です。


出典;googleマップ

こちらの拡大地図の通り、養老川沿いにあります。

まとめ

いかがでしたか?

千葉時代(チバニアン)についてご紹介しました。

・初めて日本の地名が地質時代に適用される見込みであること

・N極とS極が逆転していた約77万年前~12万6000年前の期間

・今の千葉県市川市田淵付近

もし見学で行かれようと思われている方、既に多くの観光客が訪れているようですので、少し期間を空けてからの方がゆっくりと見学できるかもしれませんね。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする