土俵で倒れた多々見良三市長の病状は? 実は医師だった!?

先日、多々見良三市長が体調不良で土俵で倒れました。

当時、応急処置に上がった女性に対して土俵から降りるよう促されたなど波紋を呼んでいますが、多々見良三市長の病状などについて調べていたところ、まさかの事実がわかったのです。

スポンサーリンク


事件のおさらい

4月4日午後2時すぎ、京都府舞鶴市で開催された大相撲の春巡業「大相撲舞鶴場所」において、土俵上であいさつをしていた多々見(たたみ)良三・舞鶴市長(67歳)が突然体調不良で倒れました。


朝日新聞デジタルより引用

複数の女性が土俵で市長に心臓マッサージをしていたところ、少なくとも3回にわたって「女性の方は土俵から降りてください」「男性がお上がりください」などと場内アナウンスがあった。

朝日新聞デジタルより引用

人命救助のための行為に対して、「しきたり」を理由に女性を土俵から下ろさせたのです!

地元有志らでつくる実行委員会によると、女性2人が土俵に上がって心臓マッサージをした。直後に救急隊員が土俵に上がり、女性に代わって救命措置を始めた。その間に複数回、「女性は降りてください」と場内に流れたという。

朝日新聞デジタルより引用

実行委員会の行動はどうだったと思われますか?

少なくとも筆者は正しい判断だったと思います。すばらしいと思います。

きっと咄嗟の判断での行動だったのでしょう。

日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)は4日夜、協会の行司が「女性は土俵から降りてください」と複数回アナウンスしたことを認めた上で、「行司が動転して呼びかけたものでしたが、人命にかかわる状況には不適切な対応でした。深くお詫(わ)び申し上げます」とのコメントを出した。

朝日新聞デジタルより引用

その日の夜、お詫びのコメントがありましたがいくら事情があるとはいえ、対応が遅い気がします。

土俵から下ろされた女性がかわいそうに思えてなりません。

時系列でまとめますと

4月4日

京都府舞鶴市にて、「大相撲舞鶴場所」開催

・午後2時過ぎ : 多々見市長が挨拶中に土俵で倒れる

=> 周囲にいた女性スタッフ複数名が応急処置のために土俵へ上がる

=> 場内アナウンスで女性は土俵から下りるように促す

=> 代わりに男性スタッフが引き継ぎ

=> 市長は救急車で病院へ

・4日夜    : 八角理事長より、女性スタッフに土俵から下りるようアナウンスしたことに対するお詫びのコメント

となります。

多々見市長の現状は?

応急処置を受けた多々見市長ですが、病状はどうなのでしょう?

=>病状はなんと、くも膜下出血だったそうです。

病院に担ぎ込まれてすぐに緊急手術が行われました。

応急処置、緊急手術の甲斐もあり、意識があり会話もできるそうです。

大事には至らずよかったですね。

スポンサーリンク


多々見市長は元々医師だった?!


Medical noteより引用

さて、今回倒れられた多々見市長ですが、市長になられる前は医師だったようなのです!

舞鶴市の医療に30年にわたって携わられ、地域医療改革推進のために市長になられた大変権威のある方だったのです。

経歴

1976年 金沢大学医学部卒業
1976年 金沢大学医学部大学院 博士課程入学
1980年 金沢大学医学部大学院 博士課程卒業(金沢大学博士号 医博甲第549号 修得)
1980年 金沢大学医学部第二内科医
1982年 舞鶴共済病院 循環器科医員
1983年 舞鶴共済病院 循環器科医長
1998年 舞鶴共済病院 循環器科部長
2003年 舞鶴共済病院 診療部長 循環器科主任部長
2004年 舞鶴共済病院 副院長兼診療部長
2005年 舞鶴共済病院 病院長
2011年 舞鶴市長(1期目)
2015年 舞鶴市長(2期目)

Medical noteより引用

所属されている学会・資格・役職

医学博士
日本循環器学会認定循環器専門医
日本心血管カテーテル治療学会指導医
日本内科学会認定内科医
日本心血管インターベンション治療学会名誉専門医
第4回日本心血管カテーテル治療学会学術集会 会長

Medical noteより引用

輝かしい、経歴をお持ちの方だったんですね。

ネットの反応は?

さて、話を戻して、今回の土俵での一件に対してネットの反応はどうなのでしょう?

相撲は「神事」っていうけど、人命救助のために女性が土俵に上がったぐらいで「相撲の神様」って怒るのかな?

Yahooニュースより引用

その場にいた訳では無いので、私の個人的な意見だが、心臓マッサージをするような生死を彷徨っている状態で降りろなんてよくアナウンスできたね。自分の親が心臓マッサージされてる状況でもこの人は同じ事を言えただろうか。

Yahooニュースより引用

人命がかかっているのに…。
何が大事なのかがまったく分かってない。
相撲協会の体質を象徴するような出来事と思う。

Yahooニュースより引用

命の方が大事だとわからないのか。回復されたから良かったが亡くなっていたらどう責任とるのか。

Yahooニュースより引用

やはり、アナウンスに対する批判の意見が圧倒的に多かったですね。

今回たまたま多々見市長は大事には至りませんでしたが、もし何かあればどうなっていたかわからないくらい大きな問題だと思います。

最後に

今回の事件、女性が「しきたり」に反して土俵に上がったことに端を発しています。

このご時勢、どこまでそのしきたりを重んじて遵守する必要があるのか疑問に感じます。

変えることで反感を覚える方もいらっしゃると思います。

しかし、ここ最近の貴乃花親方の一件など、相撲協会に対して注目が集まっています。

これからの人気を維持するためにも、本気で信頼回復に向けて動くべき時なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする